コース01-Python

011.Hello, Python[Kaggle日本語訳]

  • LINEで送る

236 views

     

英語が苦手なので、日本語でかみ砕きながらやってみました。

はじめに

 このコースでは、データサイエンスでPythonを使うために必要なことについて説明されていて、まずはPythonの構文や変数の割り当て、算術演算子などについて説明されている。

Hello,Python!

変数の宣言について

 変数に値を割り当てる前に変数の宣言をする必要はない。

関数の呼び出し方

 関数名の後に引数をかっこで囲んでつけて関数を呼び出す。

コメントの書き方

 コメントは#記号で始める。

コードブロックの表現方法

 コードブロックはインデントを揃えることで表現する。その際、コロン(:)で新しいコードブロックの開始を表現する。

演算子(*)

 2つの数値で演算子(*)を挟んだ場合は他の言語同様にかけ算になる。
 しかし、Pythonでは文字列と数値で演算子(*)を挟んで使用することも可能で、その場合は数値数回繰り返された文字列が表示されるようになる。下図はspam_amountが4の場合の出力結果になる。

数値と算術

型判定(type)

 型判定(type)で変数の型を判定できる。

演算子(/)と演算子(//)

 演算子(/)の場合は、割り算の結果を常に浮動小数点で返す。

 演算子(//)の場合は、割り算の結果を常に切り捨てた整数で返す。

数値を操作するための組み込み関数

最大値(max)、最小値(min)

絶対値(abs)

  • LINEで送る